プロフィール
saya
saya
3歳、小1の女の子の2児のママです。30歳を迎えた2009年1月から走り始めました。 「SPORTSよこはま」という無料情報誌の「横浜マラソンへの道2009」というコーナーに参加させていただきました!! 30代のうちにホノルルマラソン完走!という夢を持っています。 10kmのタイム55分18秒が今のところ私のベストです。
2010.3熱海湯らっくすマラソン 12kmグロス72'16"
2010.11 よこすかシーサイドマラソン ハーフグロス2時間10分6秒
2011.2 東京マラソン 初フル5時間40分1秒
オーナーへメッセージ

京都の会社設立屋が送る時計
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2010年01月30日

親不知抜いてきました

タイトル通り。
今日親不知抜いてきましたよicon15

右上の奥歯の上から横から生えてきちゃって、奥歯の上に歯が顔を出してしまったので抜きましょうということになりました。
もう、直前まで泣きそうなほど^^;
怖い怖い~!ってずっと言ってました。もう31歳なのにicon10

が、20分ぐらいですんなり終わってあっけないくらいでした。
上だからよかったのでしょうね~。
下の親不知だと大変だって聞きました。

麻酔も切れて若干痛みはあるのですが、耐えきれないほどではなくてホッとしてます。

抜歯後は、ランニングなどの運動は禁止なのですね~
し、知らなかった^^;
明日10km走ろうと思っていたので、ちょっとがっかりです。

縫ってあるので、抜糸するまではランニングはやめた方がよさそうです。

このまま、ひどくなることなく抜糸の日を迎えられたらいいな~。
予定外でランニングがお休みになってしまったけれど、熱海湯らっくすの1カ月以上前でよかった^^;

そろそろ湯らっくすに向けて10km以上走らないといけない、と思っていた矢先でガッカリではあるのですが・・・。
12km、私走れるかなicon15
とりあえず、なにより完走を目標にして、欲を出さずにいきたいと思いますicon22  

Posted by saya at 20:09Comments(8)怪我や故障

2009年12月22日

スポーツ医科学センターで2回目の診察

先週、スポーツ医科学センターに診察に行ってきました~。

経過は順調で、このままだと1月中には走れそう、とのことです^^v
やった~~!!
3月にレースに出てもいいか聞いてみたのですが、タイムを狙わずにいくなら平気だとのこと。
当初からタイムに囚われず、楽しみながら走るつもりだったので熱海湯らっくすマラソンはよほどのことがない限り参加できそうです^^
嬉しいな~。
走れなくても、走れるめどがついたことがやっぱり嬉しいicon06
怪我をしたことで、改めて私走るのがこんなにも好きになっていたんだな~って気付きました。

とうかれながらも、
「今は動かさないことが1番の治療」
と言われました。
「決して無理して走らないように!」
と^^;

診察の後は、リハビリ科でリハビリ&超音波骨折治療器での治療をしてもらいました^^
本当にスポーツ医科学センターのリハビリはいいですね~。
故障で悩んでいる方には本当にオススメします。

で、この超音波骨折治療器ってすごいものみたいですっ!!
骨折部に超音波を当てると治療期間が40%も短縮するんですって!
あの松井秀喜やベッカムなんかもこれを使って骨折の治療を早く治したってことで有名になったそうです。(私知らなかったヨ)
しかも保険の適用内^^v
20分超音波をあてるだけで、痛くもかゆくもないし、私うつぶせでやっていたのですがその間軽く寝てました^^;
これで骨折が早く治るなんてすごいな~。
レンタルなんかもあるそうです。

今回は、疲労骨折した部分に負担をかけずにおなかと右のおしりの筋肉をつける筋トレを教えてもらいました。
体の歪みが治っても、それを維持する筋肉がないと結局元に戻ってしまうそう。

私、筋トレって甘く見てたんですよね~。
「走ってれば自然と必要な筋肉はついてくるだろう」って。
ある面ではそうなのかもしれないけれど、やっぱり特に私のようなこれまで全く運動をしてこなかった場合には、そうではないんだなってことを痛感しています。
マラソンって、やってみるとわかるけれど決して足だけの筋肉じゃないんですよね~。
それこそ、私が弱いと言われている腹筋・臀筋がすごく必要だと思います。
それに、筋肉をつけるってことは早く楽に走るためだけじゃなくて、故障を防ぐという大切な目的もあるそうです。
(まさに、筋肉がなくて故障をしてしまった私・・・^^;)

今回教えてもらった筋トレも、20分程度あればできるものです。
長い時間かかるわけじゃないし、ちょっとした時間の合間を見て続けられる時間ですものね。
それに、もう故障は勘弁~~!!!

なるべく毎日続けるようにします~。(今はランの時間が全くないわけだし^^;)
次の診察は年明けになります。
来月で完治してほしいな^^






  

Posted by saya at 21:28Comments(10)怪我や故障

2009年12月01日

スポーツ医科学センターの診断結果

今日、新横浜にあるスポーツ医科学センターへと行って足を見てもらってきました。

MRIを撮ってきましたよ~。
で、診断結果。
右足ふくらはぎの筋肉損傷(肉離れ)、太腿骨の疲労骨折でした。
2か月間は運動禁止、と言い渡されてきましたicon11

どうりで普通に歩いているだけでも痛いわけだ・・・。
「やっぱり無理して(横浜マラソンを)走らなくてよかったんですね」
と言ったら
「走っても痛くて走れなかったと思うよ」
と言われました。

実は、2月7日の神奈川マラソンのハーフに夫婦でエントリーしてたんですよ。
それもドクターストップ。
またもやDNSですicon15
これで夫婦間に決着がつく!と楽しみにしてたのに~。

でもしょうがないですね。
2か月は長いけれど・・・。
それまで29年間走ってこなかったことを考えれば^^;短い、と思うことにします。

原因として、私の背骨と骨盤のゆがみがひどいこと、そして腹筋が弱いことにあるそう。
そのせいで走るときに右ひざにねじれが生じてものすごい負担がかかっていたそうです。

ここからがさすがスポーツ医科学センター!と思ったのですが。

普通の病院だと、怪我や痛みを治すことが第一優先ですよね。
しか~し!
スポーツ医科学センターは、「その後再発させることなく運動を継続することができるようにサポートする」ことが第一優先だそう!
なので、MRI撮って診断が下った後はリハビリ室へ!

どこがどのぐらい歪んでいるのか、きちんとチェックをしてもらいました。
そして、その歪みを治すため、それと腹筋をつけるためのリハビリを教えてもらい家でも実行するように、とプリントをもらって帰ってきました。

スポーツ医科学センターに診てもらって本当によかった~!と思いました。
普通の病院ではここまでサポートしてもらえないですからね。

2週間後にまた診察&リハビリの予約を入れてきました。

やっぱり、スポーツをしていて怪我をしたら、普通の整形外科ではなくいわゆる「スポーツ病院」と呼ばれているような病院に行かれるのが1番だと思います。
ランニングだけでなく、スポーツしている人が怪我をして1番怖いのはそれが再発することだと思います。
それをきちんとサポートしてくれるところがあることはすごく大切ですヨ^^

2か月間、教えてもらったリハビリを毎日実行して、無理せずに1日でも早く怪我を治すことに専念したいと思います。
それと体重の増加も^^;
怪我をしてから、少し自暴自棄になり^^;やけ食いもしてたらこの1週間で3kgも増えてしまいましたface07
メンタル面の強化も必要ですね^^;

病院内で、「横浜マラソンへの道」をサポートして下さった担当の方にお会いできたのですが、
「今までのトレーニングは、2か月休んだぐらいじゃ0には戻らないから大丈夫」
と声をかけていただき、少しホッとしました。
2か月ランができない、というのはすごくさみしい。
でも、落ち込まずまた走れる日を思いがんばっていきます~^^v

それと、いただいたコメントのお返事が遅くなっていてごめんなさい。
遅れながらも少しずつお返事させていただきたいと思います。



  

Posted by saya at 00:09Comments(20)怪我や故障